便利な家電、防災用品、アニメと日常用品のコラボ用品など生活に使えるアイテムの紹介したいサイト

【もちつき機】ご家庭で簡単操作で“お餅”が作れる!【餅つき機】

ご家庭でお手軽に簡単操作で“お餅”が作れる!

古くは季節ごとに食べられているお餅ですが、現在はスイーツとしても大人気です。
一部には、満腹感をコントロールするために食べる場合もあるようです。
ご家族やお友達と一緒にお餅を食べてください!

全自動でお餅がつくれる!「プチもっち」

ひたしいらず、約60分でおもちができる

【全自動だから使い方もかんたん】
もち米と水を入れてボタンを押すだけ。
ひたしやおもちをつく際にフタをあける必要がありません。
もち米からおもちができるまで60分。
切餅からでもつきたてのようなお餅が楽しめる!
出来上がり後は保温機能でやわらかさをキープ。
つきたてのおもちを楽しんでください!

全自動もちつき機「プチもっち」2合タイプRM-02HW
楽天市場  |  任意のテキスト  |  Yahoo!ショッピング

いつでもできたてが食べられる!
サイズで選べるラインナップ!

むす・つく・こねるがこれ一台でできる!コシの強い出来立てのお餅が簡単に!

上から下へ蒸気をあてて均一に圧力をかけながらもち米を蒸します。余分な水気が下に抜け、ベタつかずコシが強くなります。

上から蒸すタイプなので歯ごたえが違う本格的なお餅づくりができる!

・ふっくら【蒸す】
・力強く【つく】
・キメ細かく【こねる】

使い方はカンタンな【3ステップ】のおもちつき

1.洗ったもちを入れる。
2.蒸し上がり
3.つき上がり

使い方は簡単おもちつき3ステップ!

さらに簡単&便利な機能!

1.ねり容器は取っ手が付いているので取り外しやすく、フッ素加工で【お餅の取り出しも簡単】
2.ボイラーが上に付いているので【お手入れが簡単】
3.蒸し上がり、つきごろを【ブザーでお知らせ】

選べる3タイプの大きさ

●1升タイプ(5合~1升)
●2升タイプ(1升~2升)
●3升タイプ(1.5升~3升 )

お餅だけじゃない!

・こねる機能でうどん・パンの生地づくりも簡単!
・蒸す機能を使えば赤飯やおこわも手軽に作れる!

マイコンもちつき機 かがみもち ホワイト 1升タイプ (RM-101SN)

楽天市場  | AMAZON  | Yahoo!ショッピング

マイコンもちつき機 かがみもち ホワイト 2升タイプ (RM-201SN)

楽天市場  | AMAZON  | Yahoo!ショッピング

マイコンもちつき機 かがみもち ホワイト 3升タイプ (RM-301SN)

楽天市場  | AMAZON  | Yahoo!ショッピング

つき・ねり専用の強力タイプ!
おもちつき、自家製みそ作りに大活躍!!

蒸し上がったもち米をねり容器に入れ、スイッチをON。
10~12分程でつきあがります。

ねり容器はフッ素樹脂加工でおもちの取り出しが簡単!

お餅だけじゃなく、「みそ豆なり」も簡単にできます。
付属のみそ羽根をセットして、煮えた大豆を入れてスイッチON。
約5分でねり上がります。

選べる3タイプの大きさ

●3升タイプ(1.5合~3升)
●4升タイプ(2升~4升)
●5升タイプ(3升~5升 )

つき・ねり専用 もちつき ホワイト 3升タイプ (RM-541SZ)

楽天市場  | AMAZON  | Yahoo!ショッピング

つき・ねり専用 もちつき ホワイト 4升タイプ (RM-721SZ)

楽天市場  | AMAZON  | Yahoo!ショッピング

つき・ねり専用 もちつき ホワイト 5升タイプ (RM-901SZ)

楽天市場  | AMAZON  | Yahoo!ショッピング

少人数の家族にちょうどいいタイプ!むす+つく・こねるがこれ一台!

小さなお子さんのいる家庭や、ご夫婦だけの家庭などの少人数の家庭にピッタリのサイズ!

幅広いレシピで、毎日作れるマルチクッカー

【むす+つく&こねる機能】お餅だけじゃない!うどん生地・パスタ生地・蒸し卵・エッグステット・ポテトクリーム・カスタードプリン・蒸し野菜・お赤飯・おこわが作れる!

「お餅を食べたい」と思ってから2時間ほどでお餅が完成!

マルチクッカー ミニもっち (RM-05MN)

楽天市場  | AMAZON  | Yahoo!ショッピング

ハンドルを回すだけでアツアツお餅から簡単に丸もちが作れます!

つきたての熱いおもちを丸もちに!

熱いおもちを楽々カットできます。
最大3升(5.4L)までのお餅がホッパーに入ります。
台座は吸盤でしっかり固定ができます。

もちカッター まんまる名人 (RMC-03W)

楽天市場  | AMAZON  | Yahoo!ショッピング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。